teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


1100人の銃剣探し!!!

 投稿者:松千代メール  投稿日:2000年 5月11日(木)23時19分39秒
  なーんか 自衛隊のなんたらー って人が訓練中に銃剣なくして、捜索しているらしい・・・。
うーん しょぼい、余りにもしょぼすぎる・・・。

http://www02.u-page.so-net.ne.jp/qb3/k_anze/

 
 

れおぱるど2 あ5

 投稿者:こたつねこメール  投稿日:2000年 5月11日(木)13時20分36秒
  タミヤからレオパルド2A5が出るようですが

>砲塔側面の増加装甲板を開き、砲塔を9時の方向に回すと、ちょうどエンジンパネル全
>面が姿をあらわすなど、実車の設計をモデルからも理解していただけます(実車ではこ
>の状態でエンジンパネルが取り外し可能になります)。

という、SONYデジタルカメラ風ギミックは一体ナニなんでしょう。
ヒンジに被弾して増加装甲板が脱落する、なんてことは無いんでしょうか?
アメリカだったら車体を伸ばすだろうし、
ロシアだったらぜったいここは「はめごろし」だよな~

なんだか4号戦車のシュルツエンが復活したみたいで、模型的にはステキですが(^^);

http://www.tamiya.com/japan/products/35242leopard2_2/leopard2_3.htm

 

秘密漏洩について

 投稿者:holten  投稿日:2000年 5月11日(木)01時26分52秒
  秘密漏洩と言えば、大戦中の大英帝国諜報部の「鞄型無線機事件」も有名ですね。
完璧な旅行鞄に偽装した無線機を持った連絡要員が次々逮捕。
カバーも完璧なのに何で?と思ったら、メイドインイングランドとしっかり刻印された新品の鞄
(しかも専用に生産されたもの)を使用していたため、ドイツの官憲にバレバレだったとか。

ただ、鞄はその後実際使用されていた中古鞄に変更され、検挙率は著しく下がったとのことです。
もしかしたら、ドイツを油断させるための囮だったのかもしれませんね。
大英帝国ならそのくらい嫌らしいこと考えそうだし、ドイツなら引っかかりそう。
 

おドイツ全開チラリズムの驚異

 投稿者:桜樹ルイ16世メール  投稿日:2000年 5月11日(木)01時15分27秒
  ★福井先生
>新型ウィルス「おドイツ発生」疑惑を追え!
小気味良い見解ありがとうございます。なんというか、フックを放っても
何気にローブロウになってしまうあたりが秘訣と申せましょうか。

で、おドイツ的スクリプトですが、「うまく隠しおおせた」瞬間にはもう
バラしたくて仕方なくなってるというあたりもポイントのように思います。
ある意味では結果論でもあるんですけど(笑)
いわゆる秘密兵器の基地なんかも、英米のありがちな小説だと、
「厳重な警戒網を破って情報をゲット!」みたいな感じでドラマチックに
所在が明るみになるのが相場ですけど、実際はどうなんでしょうか。
以前にブロッケン閣下とかと飲んだときにも出た話ですが、なにやら
カモフラージュ自体は完璧だが、なぜか
近隣住民みんなが正体を知っていた
とかいうみっともない事態もありそうで非常に素敵です。まあ、確かに冒険小説の
ネタにはならなそうですが、そんなものメじゃない普遍的歴史含蓄があるのを
見逃したら人類やってる意味がないですしね(笑)

あと、何気に
>日本に先駆けて「プレステ3」が路上で販売されている台湾も侮れません。
という部分が文章の最終的な重心になっているあたりもナイスです。
吾輩的には「ハイパーファミコン」という登録名を献上したいところですが(笑)


★樹堂先生、三輪たまごさん、こたつねこさん
>地域因縁対決問題
以前、『ズームイン! 朝』でもこの手の和解工作がチャラになる話をやってましたが、
結局は「対立しているという構図を見せておいた方が地域振興にもなる」という、ある意味
プロレス演出的な力学で関係が落ち着くのが相場という気もします。
もはや、利害の「対立」ではなく「一致」が最終的な決定要因となるわけで。
 
 

元長州人

 投稿者:こたつねこメール  投稿日:2000年 5月10日(水)20時42分14秒
  樹堂さん、三輪たまごさんこんにちは
こっちの部屋は初めてです。

表記の通り、元長州人で、今は千葉のはずれに棲息しております。
樹堂さんも同郷ですか?ちなみに私は阿東町の山の中です。(^^);なんてローカルな。
ちょっと過去ログまであたってないので、外していたらすいません。

早乙女貢の作品などを読むと、もー長州人って好色な詐欺師集団みたいになってしまますが(^^);
古川薫は会津をそんなむちゃくちゃ書いてないと思うんですが、ま、そのあたりが、両者の
関係をそこはかとなく物語っているかな、と。

ところでウチの嫁の母方の実家というのが越後長岡で、結婚当時はまだおじいさんという
人が生きていて、結婚前に挨拶に言ったとき、一言「長州か。」って。(^^);;;
昨年、90いくつかで大往生されたのですが、葬式には行きませんでした。恐くて。
やっぱ長州人は長岡と会津には行ったらあかんのかもしれません。(^^);
まだおばあさんが90いくつかでがんばっておられるのですが、「次」は行かなきゃ
だめかな~と。


長州人の感覚からしても、会津とか長岡とかいっても「ピンと来ない」というのが
正直なところで、そいう意味では
>敗者が勝者を思うほど勝者は敗者のことを気にしないわけで。
というのは、その通りかも知れません。

でも本当のワルは薩摩イモだよな~  >と、話をあらぬ方へ振ってしまう。


>と言うより、維新後、復興のための十分な手当てが受けられず、
>また、そのため地方の中心都市の座から転落した恨みから、
>”手向かいしなかったのに、なぜ . . . 。”
これはしかし山口も同じじゃないでしょうかね。維新政府が特に山口のために
利益誘導したとは思えないのですが。だから「萩ノ乱」が起こったような気がしますし。
あるとすれば徳山の海軍燃料工廠誘致と、戦後、岸、佐藤による公共土木事業誘致
くらいじゃないでしょうか。今でも山口県内の道路の整備率は高いですし、当初から
県内に4つも新幹線の駅があったというのは、国鉄OBの佐藤A作せんせーのご威光の
賜でしょう(^^);。郡部に新幹線の駅があるというのも、小郡が唯一の例じゃないでしょうか?
(しかしあれがあるおかげで、私は帰省は楽なんですが。山口線沿線なもんで。)

それでも大学進学時、就職時にはどんどん東京、大阪、広島、福岡に流出しちゃうんですよね。
私もひとのことは言えませんが。


 

先進技術の使い道

 投稿者:福井健太メール  投稿日:2000年 5月10日(水)07時00分29秒
   ドイツ人が犯人だとすれば、今頃「サブジェクト名を"ILOVEYOU"にしたのは、発信元を
英米圏に見せかける賢い策略なのだ。これでいいのだ」などと自画自賛しているのでしょう
か。ここは"ICHLIEBEDICH"とかいう自爆的なタイトルにして、民族の気骨を示して欲しか
った気もするのですが。
 なんにせよ、スクリプトを解析すれば作者の国民性は見えてきそうですね。無自覚のうち
にゲルマンなスクリプトが組まれている可能性は無視できないでしょう。ウィルスがゲルマ
ンな技術の累積から生まれたものだと仮定すれば、恐らくは活動様式もドイツ的であるに違
いありません。
 技術力という面では、日本に先駆けて「プレステ3」が路上で販売されている台湾も侮れ
ません。本体には「スーパーファミコン」とか書いてあるに違いないのですが。うほほ。
 

訂正でありました

 投稿者:樹堂典志  投稿日:2000年 5月 8日(月)16時05分18秒
  >市販のウィルス駆除ソフトでは除去できず
は早とちりっぽい。すみません。
 

i Love U

 投稿者:樹堂典志  投稿日:2000年 5月 8日(月)15時44分49秒
  どうもです。若気の至った樹堂です。
いやいや、若者が若気を至らせずにどうするっ。漢の魂百までっっ!
……って違いますか。反省。
連休中は持病の頭痛と持病の腹痛で伏せっておりました。勿体ない勿体ない。

話題沸騰中の「I Love You 」メールウィルスですが、昨日の時点では発信元がドイツ人かも
という情報がありましたですよ。フィリピンの接続業者にやらせたのだということですが。
このウィルスは市販のウィルス駆除ソフトでは除去できず手動削除しなければならないばかりか、
ハードディスク内に実行すると危険なスクリプトファイルを生成するという悪質きわまりない代物
です。というか感染したら他人にメールをばらまくだけで充分な気もするのですが、そのうえいち
いちハードディスクに地雷を置いてゆくあたりがドイツ人容疑者説をつくりあげているのかもしれ
ませんね。感染者のシステムに素敵な画像など残していたりすると愉快なのですが。何気なく起動
するとうわっ、御尊顔がっ、てな具合に。

マイクロソフトの「Outlook」だけみたいです。
http://www.zdnet.co.jp/news/0005/06/love1.html

Macにはあまり感染しないみたいですね(↓)
http://www.zdnet.co.jp/macwire/0005/05/n_iloveyou.html

こちらも要注意?
http://www.zdnet.co.jp/pcweek/news/0005/07/00050701.html

>三輪たまごさん
わざわざ調べてくださったのですね。ありがとうございます。
結構気にしているのですよ。だって本州内でそんな関係を持つ県なんて珍しいですもの。
はじめて会津人が長州人をまだ恨んでいるらしいという話を聴いたときは、戦争を知らな
い世代的に「いまさらそんなこといわれたってー。仲よくしよーよー」と理不尽な気分に
なったりしたものです。南アの逆差別みたく。件の長州・会津会合でも最初は会津側が拒
否していたような気が(笑)。
とりあえず今のぼくにできることは戦勝国気分に浸ってみることですか。
うふふふふ(←いや、ごめんなさい)。
 

EDEN(のような。)

 投稿者:桜樹ルイ16世メール  投稿日:2000年 5月 7日(日)23時15分12秒
  ★Dragon Flyさん
>旧ソ連がつくった強引な戦車モニュメント!
>あからさまに浮いている一郭が目の前に出現しました。
>うーん異様。つーかスペクタクル。
>でもこれがここにあるという事実を力任せに納得させる何かが、そこにはありました。

この「説得力に満ちた違和感」判る気がします。
で、これで吾輩的にピンときたのが、ノーベル賞にもノミネートされた有名な
ポーランド人哲学SF作家、スタニスワフ・レムの小説『エデン』のワンシーンですね。
知的生物が住む惑星とのファースト・コンタクトものなんですが、そこは肉体改造さえ厭わない
狂った全体主義が支配してて、でもってそういう路線の指導者だか理想像を示すみたいな
巨大モニュメントがあるんですね。要するに、衛星国からのソ連共産体制批判が真のテーマな
わけですけど、当局から何かツッコミが来たら「いえ、これはただの単なるナチ批判です」と
逃げを打てるようになっているという....(笑)

で、確かに肉体改造ウンヌンというあたりはおドイツ路線ぽくもあるんですけど、
上述の巨大モニュメントがいきなり出てくる場面、その圧倒的な雰囲気、これはもうまさに
「実際にDragon Flyさんと同じモノを感じたんだろうなー」というリアルな切迫感に
満ちておりました。あえて言えば、暴力の視覚化に近いむき出しのスゴ味がありますね。

で、執筆目的が目的だけに、SFとしてはいまいちセンスオブワンダー度に欠ける感も
あるんですが、そもそもソヴィエトロシア自体がどっかの惑星みたいなものじゃん、という
観点からすれば、やはりそれなりに傑作といっても良いのかもしれません。

ちゅーわけでですね、ディオラマを造るなら、SF的もしくは哲学的もしくは歴史的深みが
根本に内在している方が燃えるのー、と常々思っている吾輩としては、この戦車モニュメント、
確かにDragon Flyさんがおっしゃるように非常に魅力的な題材と申せましょう。
できればタイトルにも工夫してみたいところですね。『EDEN』というだけでは、一般的には
何がなんだかわかんないですし(笑)
 

モノリス(のような。)

 投稿者:Dragon Flyメール  投稿日:2000年 5月 6日(土)20時49分16秒
  こちらはモデラーサイトだとゆーのに模型のことは
全くの門外漢という罰当たりなあたくしでござんすが、
一度だけ「誰かこれジオラマにしてくんねえかなー」と思った光景があります。
場所はベルリン。ある冬の日のことです。

ブランデンブルク門からジーゲスゾイレまで、6月17日通り沿いに
友人と二人でてくてくと歩いていたときのことです。両脇は
ティーアガルテンのうっそうとした森、通りには屋台一つ出ていません。
直線道路ゆえ見誤った距離はあまりに遠く、二人ともだんだん無口になってきていました。
と、そのとき。木立の向こうになにやら緑褐色の物体が見えるではありませんか。
なんとそれは戦車。しかも「……ありゃ、ソ連のだ」。
何年式の何型なんつー知識は持ってません。でもソ連製というのは解ります。
「ちょっとなんで解るの~!」「だってシルエットが野暮ったいんだもん」←おい自分。
友人にげんなりされながらも歩みを進めると、巨大なソ連兵像と、白大理石に
キリル文字を刻み込んだモニュメント、傍らに戦車というあからさまに浮いている
一郭が目の前に出現しました。うーん異様。つーかスペクタクル。
でもこれがここにあるという事実を力任せに納得させる何かが、そこにはありました。

帰国後このモニュメントは、ベルリン陥落戦を記念してソ連が建てたものであることが判明。
その戦車は、ベルリン陥落戦の際最初に踏み込んだT-34だそうです。
更に背後の巨大な碑は、総統官邸に使われていた大理石をひっぺがして作ったそうな。
分断時代はソ連の飛び地でソ連兵が警護し、更にその外側を英国兵が警護していたという
この一郭、タイタニック号の上にヒンデンブルク号が浮かんでいるが如き
ステッキーな迫力がございます。腕に覚えのモデラー諸兄、題材として如何でしょう?
………無責任に扇動するんじゃねーよ自分………(ーー;)
 

レンタル掲示板
/9